違反者講習とは

身近な犯罪・交通違反 ついついスピードを出しすぎてしまった。携帯電話を使用しながら運転・・
スピード違反、交通違反の反則金、罰金の金額や点数の一覧を掲載。

罰金・点数・免停

違反者講習

スピード違反

一般的に交通違反を起こし、累積点数が6点になってしまえば、
行政処分により一定期間の運転免許停止の処分を科せられます。

ですが、一定の条件を満たせば行政処分を科せられずに済む講習を受講することができます。

その講習を違反者講習と言います。
違反者講習を受ければ、行政処分は科せられず、免許停止処分を受けなくて済むのです。

ただ、違反者講習は誰もが受講できるというわけではありません。
受講の対象となる違反者講習受講該当者となった人のみが受けられるのです。

その条件とは、前歴が0回、いわば3年間のうちに免許停止処分を一度も受けていない人が
軽微な違反を繰り返して累積点数が6点に達してしまった時です。

軽微な違反というのは、点数が1〜3点程度の交通違反の事で、
主な軽微な違反としては、
シートベルトの着用違反(1点)、
信号無視(2点)、
一時不停止(2点)、
30km未満の速度超過(1〜3点)などがあります。

例えば、シートベルトの着用違反を4回で累積点数が4点になっている人が
一時不停止で捕まった場合、25〜30km未満の速度超過(3点)で

累積3点の人が同じく25〜30km未満の速度超過で捕まった場合、
累積点数が6点になりますから、違反者講習該当者になります。

ただ、シートベルト着用違反を5回繰り返し累積点数が5点になっている人が、
信号無視などの2点の違反を犯した場合、
累積点数が7点となってしまいますから違反者講習の該当にはなりません。

違反者講習を受講すれば、行政処分は受けず、前歴も0回、点数も0点になります。

ですが、違反者講習を受講した人が、受講した日から3年の間同じように軽微な違反を繰り返し、
ちょうど6点となった場合には、違反者講習該当者にならず、すぐに行政処分を受けることになります。

もし、違反者講習該当者が違反者講習を受講しなかった場合には、
免許停止期間を短縮できる運転免許停止処分者講習(任意)は受講できませんので、
そのまま30日間の免許停止処分となります。


スポンサードリンク

交通違反

・交通違反についての基礎知識
01-01 交通違反とは
01-02 反則金と罰金の違い
01-03 初心者特例とは
01-04 赤キップと青キップ

・違反をした人の講習の種類
02-01 免許停止処分者講習とは
02-02 違反者講習とは
02-03 取り消し処分者講習とは
02-04 一般人運転者講習とは

・累積点数について
03-01 累積点数とは
03-02 累積点数が減る?
03-03 累積点数がどれくらいになったら免停・取り消し?
03-04 自分の累積点数を知るには
03-05 前歴とは

・交通違反に関するQ&A
04-01 反則金は警察の収入源?
04-02 反則金を支払わなかったら?
04-03 ゴールド免許は特権があるの?
04-04 オービスで光ったのだが請求が来ない
04-05 免停中に運転したら?
04-06 現行犯でなければ捕まらない?
04-07 お酒を飲んでから何時間経過すれば捕まらない?

・これは交通違反になる?ならない?
05-01 道路標識が見えない
05-02 車の故障による駐車
05-03 制限速度の5km/hオーバー
05-04 後ろの車にあおられてスピードを出した
05-05 妊婦がシートベルトをしない
05-06 黄色信号で交差点を通過
05-07 自転車も飲酒運転に
05-08 ライトが運転中に切れてた

・交通違反に関する豆知識
06-01 累積取り消しになっても取り消しにならない事も
06-02 不服申し立てで不起訴になる事も

関連リンク

(C)copyright スピード違反 all right reserved