免許停止処分者講習

身近な犯罪・交通違反 ついついスピードを出しすぎてしまった。携帯電話を使用しながら運転・・
スピード違反、交通違反の反則金、罰金の金額や点数の一覧を掲載。

罰金・点数・免停

免許停止処分者講習とは

スピード違反

交通違反を犯してしまうと、累積点数が加算されます。
その累積点数が多くなると、運転免許停止処分を科せられてしまいます。
その処分は累積点数、前歴によって、免許停止の期間が決められます。

例えば、過去3年以内に免許停止処分を受けていない、いわば前歴が無い、
という人が累積点数が6点以上になれば免許停止になります。
その点数が6〜8点までなら30日間、9〜11点までなら60日間、12〜14点までは90日間となります。

前歴が4回、分かりやすく言うと3年間のうちに4回以上の免許停止処分を受けた人は2点で150日間、
3点で180日間の免許停止処分を受けます。

もちろん、その期間は自動車を運転することができなくなります。
いわば無免許と同じ扱いになります。
ただ、運転免許停止処分者講習を受けると、その免許停止期間を短縮してもらえる制度があるのです。

運転免許停止処分者講習は、短期・中期・長期に分けられます。
短期講習は免停日数が30日間の処分の人で、13,800円の講習料金を支払い、
1日講習を受けることで、本来30日間の免許停止処分日数が20〜29日に短縮されます。

中期講習は免停日数60日の人で、23,000円の講習料金で2日間の講習を受けると、
60日が24〜30日に短縮されます。

長期講習は90日、120日、150日、180日の免停日数で27,600円の講習料金で2日間受講すれば、
90日処分で35〜45日、120日処分で40〜60日、150日処分で50〜70日、180日処分で60〜80日に短縮されるのです。

気をつけなければいけないのは、運転免許停止処分者講習を受けると30日が1日に短縮されるケースです。
講習を受ければ、すぐに運転ができると勘違いしやすいのです。

そのため車で受講しに行き、そのまま車で帰宅するという人がいるのです。
講習を受ければ終了になるわけではなく、その日1日は免許停止処分期間になるので、
もし捕まれば無免許運転となるのです。

また、この運転免許停止処分者講習は義務ではありません。
そのため、受講しなくても構わないのです。

受講しなければ定められた処分日数免許停止になるだけです。
あまり車を使わない、講習を受ける暇がない、お金がもったいない、という人は受けなくても問題ありません。


スポンサードリンク

交通違反

・交通違反についての基礎知識
01-01 交通違反とは
01-02 反則金と罰金の違い
01-03 初心者特例とは
01-04 赤キップと青キップ

・違反をした人の講習の種類
02-01 免許停止処分者講習とは
02-02 違反者講習とは
02-03 取り消し処分者講習とは
02-04 一般人運転者講習とは

・累積点数について
03-01 累積点数とは
03-02 累積点数が減る?
03-03 累積点数がどれくらいになったら免停・取り消し?
03-04 自分の累積点数を知るには
03-05 前歴とは

・交通違反に関するQ&A
04-01 反則金は警察の収入源?
04-02 反則金を支払わなかったら?
04-03 ゴールド免許は特権があるの?
04-04 オービスで光ったのだが請求が来ない
04-05 免停中に運転したら?
04-06 現行犯でなければ捕まらない?
04-07 お酒を飲んでから何時間経過すれば捕まらない?

・これは交通違反になる?ならない?
05-01 道路標識が見えない
05-02 車の故障による駐車
05-03 制限速度の5km/hオーバー
05-04 後ろの車にあおられてスピードを出した
05-05 妊婦がシートベルトをしない
05-06 黄色信号で交差点を通過
05-07 自転車も飲酒運転に
05-08 ライトが運転中に切れてた

・交通違反に関する豆知識
06-01 累積取り消しになっても取り消しにならない事も
06-02 不服申し立てで不起訴になる事も

関連リンク

(C)copyright スピード違反 all right reserved