妊婦がシートベルトをしない

身近な犯罪・交通違反 ついついスピードを出しすぎてしまった。携帯電話を使用しながら運転・・
スピード違反、交通違反の反則金、罰金の金額や点数の一覧を掲載。

罰金・点数・免停

妊婦がシートベルトをしない

スピード違反

よく『妊婦がシートベルトを締めると、胎児に影響が出たり、
母体にも負担がかかるためシートベルトの着用は義務ではない』と言われます。

この噂、実は本当です。

妊婦であれば、万が一警察官にシートベルト着用義務違反で止められても、免除されることがあります。

これは前述のとおり締め付けにより母体や胎児に悪影響が及ぶ危険性があるためといわれています。

特に急ブレーキをかけた時などにはギュッと締め付けられますからとても危険です。

そのため、警察に止められても「妊婦です」といえば免除してくれることがほとんどです。

妊娠後期であれば誰が見ても妊婦だとわかりますが、初期のころであれば見た目で妊婦であるとはわかりかねるでしょう。そんな時には母子手帳などがあれば確実に信用してもらえるかもれません。

ただ、安定していないと、母子手帳はもらえませんから、
そんな時には産婦人科の領収書などがあればいいかもしれませんね。

ただ、ほとんどの警察官は「妊婦だ」と言われれば特に本当かどうかを追及したり、
産婦人科に確認を入れたりもしないでしょう。

そのため、若い女性であれば、妊娠していなくても「妊娠してます」というだけで言い逃れられるかも知れません。

では、実際、妊婦がシートベルトをするのとしないのとではどちらが安全なのか、という疑問が残ります。

確かに急ブレーキなどで激しくお腹を圧迫されてしまえば、危険が伴うこともあります。

ただそんな場合、それほどの衝撃を受ければ、シートベルトをしていないと
母親が身体ごと外の投げ出されるという危険性もあります。

そうなると胎児だけでなく母体も危険な状態になるかも知れません。
母親が亡くなってしまうと当然お腹の子供も生きているのは厳しいでしょう。

そのため、最近ではマタニティー専用のシートベルトなどもあります。
そういったものを使用し、くれぐれも運転には細心の注意をはらうといいでしょう


交通違反

・交通違反についての基礎知識
01-01 交通違反とは
01-02 反則金と罰金の違い
01-03 初心者特例とは
01-04 赤キップと青キップ

・違反をした人の講習の種類
02-01 免許停止処分者講習とは
02-02 違反者講習とは
02-03 取り消し処分者講習とは
02-04 一般人運転者講習とは

・累積点数について
03-01 累積点数とは
03-02 累積点数が減る?
03-03 累積点数がどれくらいになったら免停・取り消し?
03-04 自分の累積点数を知るには
03-05 前歴とは

・交通違反に関するQ&A
04-01 反則金は警察の収入源?
04-02 反則金を支払わなかったら?
04-03 ゴールド免許は特権があるの?
04-04 オービスで光ったのだが請求が来ない
04-05 免停中に運転したら?
04-06 現行犯でなければ捕まらない?
04-07 お酒を飲んでから何時間経過すれば捕まらない?

・これは交通違反になる?ならない?
05-01 道路標識が見えない
05-02 車の故障による駐車
05-03 制限速度の5km/hオーバー
05-04 後ろの車にあおられてスピードを出した
05-05 妊婦がシートベルトをしない
05-06 黄色信号で交差点を通過
05-07 自転車も飲酒運転に
05-08 ライトが運転中に切れてた

・交通違反に関する豆知識
06-01 累積取り消しになっても取り消しにならない事も
06-02 不服申し立てで不起訴になる事も

関連リンク

(C)copyright スピード違反 all right reserved