反則金と罰金の違い

身近な犯罪・交通違反 ついついスピードを出しすぎてしまった。携帯電話を使用しながら運転・・
スピード違反、交通違反の反則金、罰金の金額や点数の一覧を掲載。

罰金・点数・免停

反則金と罰金の違いとは

スピード違反
よく『いやあ、20キロオーバーで罰金を取られてしまった』とか
『シートベルトをしてなくて罰金を取られた』、
もしくは『一時不停止は罰金取られるの?点数は?』
なんて話を耳にするかと思います。

ですが、実際上記の場合は、軽微な交通違反という事になり、
罰金ではなく反則金という事になります。

罰金も反則金も名前が違うだけで同じ事だろうと思いがちになりますが、反則金と罰金は全く異なるのです。

もちろん、どちらも交通違反であることには違いはないのですが、
反則金の場合は違反行為のうち、比較的軽微な違反に対して科せられるものです。

本来ならば、軽微であれ交通違反を犯した事に対して
裁判による審判を受けなければいけないところなのですが、
反則金を納めればそれを免除してもらえるという制度です。

一方、罰金は重度の交通違反を犯した場合に科せられるものです。
罰金となった場合には刑事処分となりますから、
禁固刑や懲役刑と同じ扱いの罰金刑という事になるのです。

反則金の場合、指定された金額を期日までに納付すれば処理は終わりとなるのですが、
罰金となると納めれば終わりというものではありません。
必ず刑事裁判を受けなければいけないのです。

まずは検察庁に出頭し、違反した内容に対しての取り調べが行われます。
そして刑事裁判という流れになります。

ですが、違反した運転手がその事実を認め、
検察官が「略式裁判が妥当」と判断した場合には、
裁判所に出頭して公判を受けるという事はせずに書面上だけで裁判が終了します。

もちろん違反を認めているわけですから、
違反が軽くなるわけでも、取り消されるわけでもありません。

ただ、違反を認めない場合、違反がかなり悪質である場合はやはり裁判での判決となります。
このように反則金と罰金では、その金額だけでなく、内容までまるっきり違うのです


スポンサードリンク



交通違反

・交通違反についての基礎知識
01-01 交通違反とは
01-02 反則金と罰金の違い
01-03 初心者特例とは
01-04 赤キップと青キップ

・違反をした人の講習の種類
02-01 免許停止処分者講習とは
02-02 違反者講習とは
02-03 取り消し処分者講習とは
02-04 一般人運転者講習とは

・累積点数について
03-01 累積点数とは
03-02 累積点数が減る?
03-03 累積点数がどれくらいになったら免停・取り消し?
03-04 自分の累積点数を知るには
03-05 前歴とは

・交通違反に関するQ&A
04-01 反則金は警察の収入源?
04-02 反則金を支払わなかったら?
04-03 ゴールド免許は特権があるの?
04-04 オービスで光ったのだが請求が来ない
04-05 免停中に運転したら?
04-06 現行犯でなければ捕まらない?
04-07 お酒を飲んでから何時間経過すれば捕まらない?

・これは交通違反になる?ならない?
05-01 道路標識が見えない
05-02 車の故障による駐車
05-03 制限速度の5km/hオーバー
05-04 後ろの車にあおられてスピードを出した
05-05 妊婦がシートベルトをしない
05-06 黄色信号で交差点を通過
05-07 自転車も飲酒運転に
05-08 ライトが運転中に切れてた

・交通違反に関する豆知識
06-01 累積取り消しになっても取り消しにならない事も
06-02 不服申し立てで不起訴になる事も

関連リンク

(C)copyright スピード違反 all right reserved